好みで選ぶ人が多い居酒屋でも人気のレモンサワーはどのようなお酒?

好みで選ぶ人が多い居酒屋でも人気のレモンサワーはどのようなお酒?

レモンサワーは蒸留酒をベースにしたお酒で、レモン果汁と砂糖を混ぜて炭酸で割ったものを指します。
地域によってはレモンハイと呼ばれることもあります。
戦後に中目黒で店を構えていた大衆居酒屋の「ばん」が発祥とされ、客の1人が焼酎の炭酸割りにレモン果汁を加えたことがきっかけでした。
様々なメニューがある居酒屋で注文する人が多いのは、とても飲みやすいお酒だからです。
ビールやハイボールのように苦味がなく、爽やかな酸味と甘味でアルコール臭をあまり感じません。
蒸留酒は糖質を含まないので、健康診断が気になるけれお酒を飲みたい人も選びます。
最近ではレトロブームの一つとして、若い世代から注目されるようになりました。
飲み会で注文するだけでなく、家飲みで飲む人も多いです。
レモンサワーの素を購入すれば、自分の好きな濃さで作ることができます。
定番のレシピにアレンジを加えて、生姜を入れてさらに爽やかさを出するなどとオリジナルの飲み方を追及しやすいのも人気の秘訣です。

お酒と相性のいい食事と栄養について知ること

これから花見や歓迎会などのシーズンになっていることで、お酒との関わりが多くなる季節でもあります。
そんなときに知っておきたいのは、お酒と相性のいい食べ物です。
定番としてあるのが「冷やっこ」ですが、これは単純に豆腐ということではなく、すりおろし生姜を用意して軽く醤油をかけて食べるのがまた美味しい食べ方になります。
この豆腐は栄養成分として、大豆なので植物性タンパク質ですから、胃の保護になりますのでアルコールのダメージを防いでくれます。
また生姜があることで殺菌作用があるので、他の食べ物で食あたりを防いでくれるのも助かります。
「枝豆」にはビタミンCが豊富なので、コラーゲン生成に必要な栄養素であるために、血管を強くすることができます。
お酒やビールなどのアルコールでは血管にダメージが残りやすいので、食事のなかでビタミンCを摂取して血管を強くすることは健康維持には必要不可欠といえます。
昔ながらのおつまみですが、相性は栄養面から考えることができます。

お酒に関する情報サイト
お酒のお役立ち情報

お酒が飲める量は遺伝で決まります。アジア人の遺伝子は欧米人の遺伝子に比べて、アルコールを分解することが得意ではないため、たくさん飲むことが出来ません。練習を積むことによって通常よりも飲めるようになる可能性はありますが、限度があるため無理をしない方が良いといえるでしょう。ドイツのような国では、アルコールを飲んで良い年齢が20歳よりも若くなっていますが、これも欧米ならではのことであり、日本で真似をすることは難しいです。

Search