好みのお酒選ぶことが多いビールと発泡酒の違いとは?

好みのお酒選ぶことが多いビールと発泡酒の違いとは?

ビールは多くの人に好まれているお酒の種類ですが、最近は発泡酒と呼ばれるものが登場して、違いがどこにあるか知らない人も多くいます。
この2つの違いには麦芽使用比率と副原料の内容と使用比率があります。
この2つには麦芽が使われていて、使用比率が50%以上がビール、それ以下のものが発泡酒とされています。
この比率は水やホップ、酵母などの原材料を除いた値で、麦芽をどのくらい使っているかで違いが出てきます。
もう一つの副原料のないようと比率は、この2つには麦や米、とうもろこしや果実、香辛料やハーブ、野菜などが含まれているものがあり、これらの副原料が麦芽の重量の5%以上のものがビールです。
ほとんどの人ができるだけビールの味に近いものを好む傾向があるため、さまざまな成分を工夫して味を近づけています。
そのため副原料は必要で、この量が定義になっているのです。
ビールよりも値段が安いお酒で、それでいて本格的な味のものが好まれています。

意外と知らないお酒の定番であるサワーとは?

かんきつ系やベリー、桃などの他にスイカやメロンなどの風味のあるサワーは飲みやすい、あっさりしているなどの理由で、お酒を飲み慣れていない人や女性の方、飲み会の最後にちょっと飲む時などに人気があります。
しかし意外にどういった酒なのか知らない人も多く、チューハイなどとの区別がつかない人もいます。
サワーとは酸っぱいという意味の英語で、お酒ではスピリッツと呼ばれる柑橘系やベリーから作られた蒸留酒のことです。
他にもこのスピリッツをベースにしたカクテルもこのことばで呼ばれていて、本来は炭酸を含んでいません。
よく区別がつかないチューハイは焼酎を使っていて、ベースに焼酎を使ったものです。
定番はレモン果汁を加えたものが人気で、飲みやすくそれでいてがっつりお酒の味を感じることができるので、酒好きの人から初心者の人まで好まれています。
最近は酸っぱい味だけでなく、甘いものもあり、乳酸菌飲料やスポーツドリンクなどを加えたものもあります。

お酒に関する情報サイト
お酒のお役立ち情報

お酒が飲める量は遺伝で決まります。アジア人の遺伝子は欧米人の遺伝子に比べて、アルコールを分解することが得意ではないため、たくさん飲むことが出来ません。練習を積むことによって通常よりも飲めるようになる可能性はありますが、限度があるため無理をしない方が良いといえるでしょう。ドイツのような国では、アルコールを飲んで良い年齢が20歳よりも若くなっていますが、これも欧米ならではのことであり、日本で真似をすることは難しいです。

Search