知ってるともっと楽しめる!好みのお酒の雑学を丸ごと大公開!

お酒が飲める量は遺伝で決まります。
アジア人の遺伝子は欧米人の遺伝子に比べて、アルコールを分解することが得意ではないため、たくさん飲むことが出来ません。
練習を積むことによって通常よりも飲めるようになる可能性はありますが、限度があるため無理をしない方が良いといえるでしょう。
ドイツのような国では、アルコールを飲んで良い年齢が20歳よりも若くなっていますが、これも欧米ならではのことであり、日本で真似をすることは難しいです。

知ってるともっと楽しめる!好みのお酒の雑学を丸ごと大公開!

お酒を飲める量はどうやって決まると思いますか。
アルコールを分解できる量には個人差があり、たとえ訓練をしたとしても大幅に増えることはありません。
お酒を飲める量=アルコールを分解できる量となります。
これは遺伝的な因子が大きいと言われています。
一般的にはアジア人は欧米人に比べてこの量が少ないため、お酒が飲めない方が多いです。
好みも遺伝で決まる部分があります。
この雑学を知っておけば、無理に飲もうとしたりする必要がないことが分かります。

オンラインショップを使うなら好みのお酒のジャンルを数多く扱っているところがおすすめ

お酒を取り扱っているオンラインショップはたくさんあり、わざわざ外出しなくても気軽に注文することが可能です。
ただしお酒のオンラインショップで、どんなジャンルを取り扱っているのか違っているので確認しないといけないです。
豊富なジャンルが揃えられているところを選択すれば、自分好みを見つけやすくなるので重要になります。
残念ながら種類が少なくて、特定のお酒しか注文することができないサイトも存在しています。
その場合は自分好みのお酒を見つけることができずに注文できない恐れがあるので、気を付けないといけないです。
更に種類だけではなくて、どの地域まで対応しているのか判断することもポイントです。
せっかく魅力的なアルコールを見つけたにも関わらず、対応エリア外だった時は購入することができません。
そのような状況を回避するためにもどのエリアなら問題なく購入することができるのか見極めていき、そこから注文することが重要な部分になってきます。

家飲みで抑えておきたい!好みのお酒と食材のペアリング

お酒と食材の組み合わせであるペアリングを意識すれば、家飲みをさらに充実させられます。
ビールには鶏肉が合い揚げてカツレツにすると、苦味をまろやかにし脂っぽさを炭酸で中和することができます。
ビールで有名なドイツやチェコで愛されている食べ方です。
赤ワインには重口と軽口がありますが、渋みのある重口は肉料理が合います。
ワインの生産が活発なフランスのボルドーではステーキソースに赤ワインをよく使います。
軽口ワインにはトマトなど酸味を感じさせる食材がおすすめです。
梅酒は甘味が強いことから、同じく甘さが魅力のチョコレートやフルーツをペアリングしましょう。
日本酒にはイカの塩辛、甘口の白ワインにはブルーチーズのように甘味と塩気でやみつきにする方法もあります。
お酒は好きなように飲むのが一番で組み合わせ方も自由自在ですが、苦手な風味を食材を補ったり次の一口を促されるような風味を楽しんだりするとお酒をもっと好きになります。

好みのお酒と料理のペアリングは覚えておくと美味しさ倍増

お酒を飲むときには料理とのペアリングを覚えておくと、より美味しさをアップすることができます。
お酒を飲む際のペアリングが特に重視されるのがワインです。
一緒に食べる料理によってワインの味わいが大きく変わるためです。
ペアリングのポイントとしては、色を合わせることが良いとされています。
赤みの多い肉や魚は鉄分が多いため、赤ワインを選びます。
赤ワインに含まれるタンニンと鉄分の相性が良く、料理とワインの味を引き立たせます。
鶏肉や白身魚などは白ワインが合います。
果汁のみで作られている白ワインは酸味を帯びているため、さっぱりとした鶏肉や白身魚との相性が良いのです。
他にも味が濃い料理には赤ワイン、薄い味付けなら白ワインという合わせ方も可能です。
香りに寄せる方法もあって、スパイス感のある赤なら胡椒で味付けしたステーキ、ハーブっぽさのある白なら香草焼きに合わせるなどのペアリングをするとより料理もお酒も美味しくなります。

アルコールにあまり強くないけれど好みのお酒を楽しく飲むためのコツとは?

アルコールに弱い体質でもお酒を楽しみたいという場合には、コツを知っておくことが大切です。
コツの一つとしては、お酒を飲む前に何か食べるということが良いとされています。
アルコールは小腸で吸収されますが、胃は食べ物を食べると出口が閉まって消化されるまで食べ物が出ない仕組みになっています。
そのため胃に食べ物がある状態でアルコールを摂取すると小腸まで届きにくくなるため、吸収されにくく酔いにくいという状態になります。
おすすめの食べ物としては、消化に時間のかかる繊維質の多いサラダや脂肪分が多い揚げ物、肝臓の働きを助ける肉や魚などが効果的です。
お酒の種類を選ぶというのも重要です。
癖がないものを飲みたいという場合には素材の香りが前面に出てくる本格焼酎、ジュースのような感覚で飲めるアルコール度数の低いチューハイなどが向いています。
また、ビールとジンジャーエールを混ぜたり、リキュールをジュースで割るカクテルも飲みやすいとされています。

お酒に関する情報サイト
お酒のお役立ち情報

お酒が飲める量は遺伝で決まります。アジア人の遺伝子は欧米人の遺伝子に比べて、アルコールを分解することが得意ではないため、たくさん飲むことが出来ません。練習を積むことによって通常よりも飲めるようになる可能性はありますが、限度があるため無理をしない方が良いといえるでしょう。ドイツのような国では、アルコールを飲んで良い年齢が20歳よりも若くなっていますが、これも欧米ならではのことであり、日本で真似をすることは難しいです。

Search